ルームクリップ、暮らしのトレンドを象徴する「RoomClip Award 2020」を発表

2020年の「暮らしとインテリア」注目キーワードとベストプロダクトを選出

日本最大級の住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を運営するルームクリップ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高重 正彦、以下 ルームクリップ)は、RoomClip内に投稿されている400万枚以上の実例写真と、写真に付与されたタグ、いいね、コメントなどの膨大なデータを分析し、2020年の「暮らしとインテリア」注目キーワードやベストプロダクトを選出する「RoomClip Award 2020」を発表いたしました。

暮らしやインテリアの情報は、これまでインターネット上のデータが限られており、客観的な評価が困難でした。生活者の暮らしの実例データを有するルームクリップが発表する「RoomClip Award 2020」は、実際の生活者の動向をリアルに反映したトレンドデータとなります。

■特設ページ
RoomClip Award 2020
https://roomclip.jp/special/award2020/



2020年は、「これまでの暮らし」「これからの暮らし」について多くのことを考え、変えざるを得なかった1年でした。多くの方がさまざまなかたちで困難に直面されたと考えています。

それでも暮らしを諦めず、よりよい暮らしを求めて投稿された写真をもとに、今後の「新しい暮らし」を垣間見ることができる、「RoomClip Award 2020」の結果をお届けいたします。

キーワードランキング

キーワードランキングでは、RoomClipユーザーの投稿数、検索数、いいね数、コメントなどのデータをもとに、今年注目された暮らしとインテリアのキーワード10個を選出します。 今年も暮らしにまつわる新たなアイデアや視点が数多く誕生しました。詳細は、以下の通りです。

第1位:おうち◯◯



第2位:在宅勤務・テレワーク


第3位:ホテルライク


 第4位:清潔を保つ


第5位:ゆとりある一人暮らし


第6位:ゴミを見直す


第7位:庭・ベランダで過ごす


第8位:初心者もできる整理収納


第9位:巣ごもり家電


第10位:韓国インテリア


キーワードランキング

キーワードランキングとともに、2020年の暮らしを支えた21のプロダクトを選出し表彰いたします。各トレンドにちなむアイテムカテゴリーについてRoomClipへの投稿数やEC誘導数、伸長率等を総合的に算出し、代表となる一品を選定しました。

<受賞アイテム>
・アース製薬/らくハピ マッハ泡バブルーン 洗面台の排水管
・アイロボット /床拭きロボット ブラーバ ジェット m6
・IKEA/NESNA
・花王/クイックルワイパーシリーズ
・コアラ/コアラ・マットレス
・サラヤ/オートソープディスペンサー
・シャープ/ヘルシオ ホットクック
・3M/コマンド™️フックシリーズ
・ソーダストリーム/Genesisシリーズ
・ダイソー/ジョイントラックシリーズ
・チャイルドキッス/トランポリン
・Dr. Vranjes/ディフューザー
・ニトリ/モクオリタタミローチェア
・ハーマンミラー/セイルチェア
・bastisRIKE/THE GRID ブランケット
・popIn/popIn Aladdin 2
・山崎実業(Yamazaki)/tower マグネットマスクホルダー
・山善/バスケットトローリー
・UCC/ドリップポッド
・リンナイ/乾太くん
・ハンドメイド(ブランドなし)/ボンボンキャンドル
(五十音順)

詳細は、「RoomClip Award 2020」特設サイトをご確認ください。
https://roomclip.jp/special/award2020/

今後もルームクリップは「日常の創造性を応援する」のミッションのもと、みなさまの多様で豊かな住生活の実現を支援してまいります。

RoomClipの概要と特徴

家具や家電、雑貨などインテリアの写真を投稿、閲覧できる日本最大級のインテリアSNSです。スマートフォンアプリとインターネットのウェブサイトを展開しています。 現在月間ユーザー数は830万人、写真枚数は400万枚を超えます。RoomClipは日本で最も「実際に人が生活している部屋の写真とデータ」が集まっているサービスです。雑誌やテレビなど年間に100以上の媒体でRoomClipユーザーが紹介されています。

本リリースに関する問い合わせ先

ルームクリップ株式会社 広報
お問い合わせ: https://corp.roomclip.jp/contact